海水浴 

 

俺はバイト仲間5人と海へいくことにした。
しかし夏休み時期、海岸は物凄い人出だ。
とても遊ぶことなんて出来なかった。
 
早々に海水浴は諦め、海水浴からドライブに
予定を変更せざる得なかった。
 
海岸沿いの道路をひたすら走っていると
「 あれ?そこ、人が全然いないんじゃ… 」
 
友人の一人が言うので見てみると
そこの場所だけ空いている。
 
人が多すぎて泳ぐことすら間々ならない状況なのに
何故かそこを避けるようにポカンと人気がない。
変だとは思うものの、5人で遊ぶには十分な
広さがあったので俺達は浜辺に降りて遊ぶことにした。
 
しばらくはビーチバレーをしたり、砂で城を作ったりして
楽しい時間を過ごしていた。
 
「 昔、水泳部だったんだー。すごいでしょ?
だからあのブイまで泳ぎきったら、かき氷おごってよね! 」
突然Yは言い出すと俺達が返事をするより、
早く海へ飛び込んでしまった。
 
確かに元水泳部だっただけあり、綺麗なフォームで
ブイまでたどり着いて俺達に手を振るので浅瀬にいる
俺達も手を振り返した。
 
しかしYはずっと手を振るばかりでちっとも帰ってくる
素振りが見えない。泳ぎの得意なYのことなので
俺はなにを遊んでいるのかと暢気に構えていたのだが。 
 
「 あれっ、溺れてるんじゃないか?! 」
様子がおかしいことに気が付いた誰かの叫びにハッとした。
よく見ると今にも沈みそうになっているじゃないか!
 
俺達は急いでYを助けに向かったが、
水泳を習ったことのない俺達は中々Yに
たどり着くことが出来ない!

そうこうしている内に、Yは今にも沈んでしまいそうになっている!!
 
はじめは足でも吊ったのかと思っていたが
近づくたびに溺れるYの様子が変なことに気が付いた。

俺が潜り目を凝らすと、必死にもがくYに水中にいる
無数の黒い影がしがみつき、水の底に引きずり
こもうとでもするように蠢いている。
黒い影は俺達をも引きずりこもうとその手を
不気味に揺らしながら伸ばしはじめていた。
 
このままでは俺達もっ!?
そう思った瞬間。 

 
 
大波の向こうからこちらに向かってくるサーファーの姿が!
すごい速さでこっちに近づいてくる。
 
寺生まれで霊感の強いTさんだ!!
Tさんは板を華麗に操り、水中に引きずりこまれようと
していたYを自分の腕の中に軽々と抱き上げると
そのまま流れるように波に乗って海岸に向う。

俺達も黒い影に引きずりこまれる前に海岸にたどり着こうと
必死に泳ぐのだがまとわりつく影に邪魔されて前に進めない。
 
「 破ぁ!! 」
Tさんがこちらに背を向けたまま叫ぶと、海岸を目指す
Tさんのサーフボードが起こした波が泡に変わり
それは次第に大きく激しくなりながら俺達の居る所までやってきた。
 
海底から噴出したかのような無数の泡は
浮き輪のようになり俺達を海岸まで運んでくれたので、
全員無事に海岸までたどりつくことができた。


 
「 Tさん、ありがとうございます!でも…なんでここに? 」
お礼も早々に聞いた俺にTさんは俺の方は見ずに
「まぁなんだ…この辺りは昔から水難事故が
頻繁に起こるんてんで有名場所でな」
 
そういうとYの胸に手をあて、Tさんは口の中で
呪文のようなものを唱えた。
 
するとどうだろう、Yが口から汚れた汚い水を吐きだす。
 
水をすべて吐き出したと思われる頃、
Yが意識を取り戻し俺達はやっと
胸を撫で下ろすことができた。
 
「 ここの海域は死者が死者を招く潮の流れなんだろうな… 」
サーフボード片手にTさんは海岸線を
見つめながら考え深そうに呟いた。
 
そんなTさんを睨みつけるように見つめながら、
頬を赤く染め泣きそうに顔を歪めたYが大げさに言い放つ
「 べ、別に助けてくれなんて頼んでないんだから!
あんたに助けられるくらいなら、
一人で死んだ方がマシよ!! 」
 
感情を高ぶらせるYを宥めるTさんを見て
寺生まれはスゴイ、俺はそう思った。