夜釣り 


 
友達に遊びの予定をキャンセルされたある日。
俺は秘密の釣り場で夜釣りを楽しむことにした。
 
釣り場は町から少し離れた場所にある。
静かだし良く釣れる俺の穴場でその日もよく釣れた
が、しばらくした頃全身に寒気が。
「なんか怖いな…」そう思いつつも入れ食い状態のそ
の場から離れることができずそのまま夜釣りを楽しんだ。
 
「あなたも釣りですか?」
突然背後から声をかけられた。
振り返るとサラリーマン風の中年男性。
 
「えぇ、ここはよく釣れるんですよ」
「そうらしいですね…」
少し失礼な気もしたが体を釣り糸の方に向き直し、
背中越しに会話を続けさせてもらう。
 
「あなたも釣りですか?」
「……まぁ、そうですね」
問いに男性は肯定したが、男性はスーツ姿。
どう考えても釣りを楽しむ格好ではない。
 
あたりさわり無い会話を続けていたが、
会話を続ければ続ける程に違和感は募るばかり。
(こんな場所でなにを…)そのことばかりが気にかかる。
 
「 あなたはつらないんですか 」
俺は今釣り糸をたらしている。
男性の問いに不思議に思うと同時に、男性の声の聞こえてくる
方向がおかしいことに気が付く。
 
明らかに上の方から聞こえる。
「 つりましょうよ、あなたも…… 」
恐怖に耐え切れず。俺は震えながら声のする方を見上げた。
 
そこには、さっきまで話していた男と思しき首吊り死体が!?
 
そして俺は男の言っていた言葉の意味を理解する。
”釣り”ではなく”吊り”だったのだ。
とっさに逃げなければ!と思ったのだが、体が思うように動かない。
目の前には無数の黒い人影が俺を誘うように揺らめきながら囁きかける。
 
「 一緒に吊ろう…吊ろうよ…… 」
「 さぁ、早く吊ろう… 」
 
黒い人影は段々と俺に迫り、身動きのとれない俺の体を持ち上げようとする。
もうダメか!?そう思い身構えた時だった。
 
「 そこまでだ! 」
聞いたことのある声に顔をあげると見知った顔が。
寺生まれで霊感の強いTさんだ。
 
Tさんは立てかけた俺の釣り竿を掴むと「破ァ!!」と叫び、黒い人影によって
今にも木に吊るされそうになっている俺の周囲をなぎ払った!

 
不思議なんだけど、Tさんが振り回してるとき、俺の釣り竿の先の釣り糸。
光ってたんだ。眩く光り輝く釣り糸が剣のように黒い人影を切り裂いてゆく!
 
 
 
そんな非現実的な光景に、俺はアホみたいに口を開いて
見ていることしか出来なかった。
 
ある程度影を振り払うと呪文(お経?)を唱え始めた。
呪文を唱えながら光るTさんによって、
残っていた黒い影は全部霧散していった。
 


安堵しながら礼をいい。
「 Tさんも夜釣りですか? 」
そう尋ねた俺を指しながら、Tさんは困ったように頭を掻きながら笑う。
「 …まぁ、な。随分と小物を釣り上げちまったようだが 」
 
帰り道でTさんに聞いた話によると、あそこは自殺の名所で、
”首吊り”が”首吊り”を呼ぶ自殺の名所として恐れられている場所らしい。
釣り場からたいして離れてないのに人が居ない訳である。
 
駐車場で再度礼を告げ、別れの挨拶を交わすと 
「 すっかり、日も登ったな。これから街に女の子でも釣りにいくか! 」
Tさんは朝日を背に爽やかに笑うと、車に飛び乗り帰って行った。
 
寺生まれはスゴイ!俺は"いろんな意味"でそう思った。